+介護職の仕事は楽しい?やりがいはある?+

この記事では介護職の楽しさ・やりがいについてご紹介します。


介護職の仕事は楽しい?
皆さんは介護職にどのようなイメージがありますか?人それぞれ違うイメージがあることでしょう。

結論結論から言うと、介護職の仕事は楽しいことが多いです。勿論仕事である以上大変なことも多いですが、それ以上に楽しさ・やりがいを感じる人も多くいます。

では介護職における楽しさ・やりがいを感じる場面はどのようなものがあるのでしょうか。


介護職の楽しさ・やりがい
介護職における楽しさ・やりがいは人それぞれですが、具体的には以下の内容が多く挙げられます。


①利用者・入居者からお礼を言ってもらえること
介護職の楽しいこと・やりがいとして特に多いのは、利用者・入居者から「ありがとう。」と言ってもらえることです。

排泄介助や食事介助等をした時、一緒に散歩やレクリエーションをした時など、あらゆる場面で感謝の言葉を貰える機会があります。

感謝の言葉を貰えると、仕事に対するやる気が一層湧いてくることでしょう。


②社会貢献ができること
介護職の楽しいこと・やりがいとして感じられることとして、社会貢献ができることも挙げられます。

日本では高齢者人口が年々増えており、それに伴い介護職の需要も高くなっています。

また近年では国から介護職の雇用率向上のための賃金改定、資格取得支援制度が新設される等、補助制度も充実してきています。

制度改正も定期的にされているほど、介護職は社会から必須の職業と見なされているのです。


③人の役に立てること
介護職は仕事の1つとして、身体介助や生活支援を行います。

身の回りのお世話を全てするのではなく、できることはやってもらい、どうしてもできない部分のみ助けることが大事です。

困っている入居者・利用者を助けることで、その人の役に立つことができるのです。


④自分が知らない話がたくさん聞ける
介護施設には様々なバックグランドを持った方がおり、自分とは年齢が大きく違う方が多くいらっしゃいます。

過去の人生経験を話してもらえる機会も多いため、自分が知らなかったことを知れたり、視野が広がるきっかけになることもあります。


大変なことも多いけどやりがいも多い
介護職の仕事は楽しいこと・やりがいが多くある反面、大変なこともあります。

また介護ケアは利用者・入居者ごとの健康状態を配慮しながら行う必要があり、利用者・入居者や職場の人とのコミュニケーションも必要です。

ですがこれらの大変なこと以上に、仕事の楽しさややりがいがあるのが介護職なのです。

楽しさ・やりがいを感じられる介護のお仕事をお探しの方は、日研メディカルケアのアドバイザー相談をご活用下さい!

TOPTOP

地域を選択

エリアを選択

こだわり条件

事業種別を選択

給与形態を選択


時給を選択

月給を選択

年収を選択

雇用形態を選択

勤務時間を選択

お気に入りに登録しました

まずは相談してみませんか?

求人を探す

駅を選択

検索結果


選択中の駅