• HOME>
  • トピックス>
  • 【簡単解説】介護現場におけるヒヤリハットとは?概要・事例を解説

+【簡単解説】介護現場におけるヒヤリハットとは?概要・事例を解説+

介護現場におけるヒヤリハットとは?
ヒヤリハットとは「ヒヤリとする」場面や事故に直結する可能性がある事例のことで、様々な事例があります。

具体的な場面としては「車椅子から転落しそうになった」、「利用者が歩いていたらバランスを崩して、倒れそうになった」・「食べ物を上手く飲み込めず、喉を詰まらせてしまった」等があり、他にも多くの事例があります。

介護施設では些細な行動が利用者・入居者の命に関わることが多くあります。そのためまず介護施設で働く方は利用者・入居者の命を預かっていることを、念頭に置くことが大切です。


ヒヤリハットの事例集
介護施設でのヒヤリハットは大きく分けて5つあり、「転倒」・「転落」・「誤嚥・誤飲」・「介護ミス」・「食中毒・感染症・病気」があります。

特に多いヒヤリハットは「転落」・「転倒」の2つとなっています。


ヒヤリハット①転倒
ヒヤリハットの1つ目は「転倒」です。具体的な場面としては「ブレーキをかけていない車椅子から利用者・入居者が立ち上がったが、バランスを崩した」・「自力で歩行できない利用者・入居者が、自力で歩行してバランスを崩した」・「階段の段差に躓いた」等があります。

利用者・入居者は自力で歩行が難しい方も多く、目を離した際に転倒してしまったというケースも多くあります。


ヒヤリハット②転落
ヒヤリハットの2つ目は「転落」です。具体的な場面としては「車椅子やベッドから落ちた」・「階段の段差に躓いて落ちた」等があります。


ヒヤリハット③誤嚥・誤飲
ヒヤリハットの3つ目は「誤嚥・誤飲」です。具体的な場面としては「食べ物・飲み物を上手く飲み込めず、喉に詰まってしまった」・「食べ物のカスが気管に入ってむせてしまった」等があります。

他にも口腔ケアが不十分な場合は、唾液が肺に入って誤嚥背肺炎を起こす事例もあります。


ヒヤリハット④介護ミス
ヒヤリハットの4つ目は「介護ミス」です。具体的な場面としては「入浴介助時に体調が急変してしまった」・「湯船に溺れてしまった」・「投与する薬剤を誤ってしまった」・「ベッドに移動させる際に」等があります。

浴室は湿度が高く体温が変化するため脱水症状を起こしやすいです。そのため利用者・入居者の状態をこまめに確認する必要が出てきます。

また浴室の床が濡れることから転倒の恐れもあるため、ケガの恐れもあります。


ヒヤリハット⑤食中毒・感染症・病気
ヒヤリハットの5つ目は「食中毒・感染症・病気」です。具体的な場面としては「褥瘡(別称:床ずれ)にかかる」・「食中毒・感染症が発生する」・「病気になる」等があります。

褥瘡とは血流のうっ滞が原因で起こる皮膚の爛れ・傷のことで、寝たきりの方や車椅子の方など自力での体位変換できない方に起きやすい症状です。

長時間同じ体位でいるとその部位が圧迫されるため、その部位に栄養や酸素が行き渡らず爛れ・傷が出てしまうのです。

褥瘡以外にも食中毒や感染症は経口感染しやすく流行もしやすいです。また病気に関しては事故やケガ等が原因で、重大な病気になったりすることが挙げられます。


ヒヤリハットの防止策

①健康記録・アセスメント情報をしっかり確認する
ヒヤリハットの防止策の1つ目は利用者/入居者の健康記録・アセスメント情報を確認することです。利用者・入居者の体調や生活スタイル等をしっかり頭に入れることで、どのような介護ケアをしたら良いかや起こり得る事態を想像できるようになります。


②ケース検討を行う
ヒヤリハットの防止策の2つ目はケース検討を行うことです。ケース検討とは「トラブル・事故報告」・「事故が起きた原因の分析」・「次回以降の対策」を考える場のことで、施設全体で行われるものです。

ケース検討に参加する機会がない場合でも、日頃よりトラブル・事故発生時の報告や相談等は自主的に行うようにしましょう。


③衛生管理を徹底する
ヒヤリハットの防止策の3つ目は衛生管理を徹底することです。具体的には手洗いうがいの実施・備品のこまめな消毒・衛生用品の使用・施設の清掃等が挙げられます。

こちらに関しては施設ごとにマニュアルが異なるため、事前にマニュアルを確認しておきましょう。

また不明点がある場合は直属の上司や周りのスタッフに確認しておきましょう。


④服薬前に使用する薬剤が正しいかを確認する
ヒヤリハットの防止策の4つ目は服薬前に使用する薬剤が正しいかを確認することです。利用者・入居者ごとに服薬する薬剤が異なるため、事前に必ず健康記録やアセスメント等で普段服用している薬剤名を確認しましょう。

また違う利用者・入居者の薬剤を混同させないよう、薬剤は利用者・入居者ごとに分けて管理しましょう。


まとめ
ここまで介護現場におけるヒヤリハットの概要・事例集・防止策についてご紹介しました。ヒヤリハットは完全に防ぐことは難しいですが、少しでも大きな事故を減らす心がけと行動は必須です。

介護施設では些細なミスが利用者・入居者の命に関わることも少なくありません。そのため事故防止策を常に実施するのは勿論のこと、万が一事故が起こった際は必ず直属の上司に報告しましょう。

ご参考になれば幸いです。


●介護のお仕事紹介はこちらから●

TOPTOP

地域を選択

エリアを選択

こだわり条件

事業種別を選択

給与形態を選択


時給を選択

月給を選択

年収を選択

雇用形態を選択

勤務時間を選択

お気に入りに登録しました

まずは相談してみませんか?

求人を探す

駅を選択

検索結果


選択中の駅