• HOME>
  • トピックス>
  • 【徹底解説】ケアマネージャーに転職したい!転職成功のポイント5選

+【徹底解説】ケアマネージャーに転職したい!転職成功のポイント5選+

ケアマネージャーとは?仕事内容は?
概要・仕事内容
ケアマネージャーとは介護施設に所属して利用者・入居者のケアプランを作成、事業所との調整業務を行う仕事です。

主な仕事内容は利用者・入居者の健康状態・生活状況をきめ細かくヒアリングし、専用のアセスメントシートを作成し、利用者・入居者に提供する介護ケアを決定することです。

また施設ケアマネージャーはケアプラン作成以外にも生活介助や送迎業務が発生する場合があり、居宅ケアマネージャーではデイサービスの紹介や施設とのスケジュール調整等も発生します。

具体的な業務内容や業務量は施設によって異なるため、転職する前に確認しておきましょう。


ケアマネージャーになるには資格が必要
ケアマネージャーとして働くには「介護支援専門員」の資格を取得する必要があります。

「介護支援専門員」取得するには取得用件を全て満たした上で、介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があります。

尚、「介護支援専門員」の取得条件は以下の通りです。(参照元:令和3年度 東京都介護支援専門員実務研修受講試験・受講資格について


①医師・看護師・介護福祉士等の国家資格業務もしくは指定の介護施設における相談援助業務に5年以上従事している

②勤務地もしくは住所地が受験地と一致していること


「介護支援専門員」の資格試験の申込方法や必要書類については都道府県ごとに異なります。詳しくはお住まいの都道府県のホームページで確認しましょう。


ケアマネージャーに転職する時のポイント
ケアマネージャーの資格を取得して転職する際のポイントをご紹介します。


①コミュニケーション能力を磨く
⇒ケアマネージャーは利用者・入居者だけでなく、ご家族や行政機関とのコミュニケーションも多く発生します。

そのため相手の性格・状況等に応じて、臨機応変にコミュニケーションを取ることが求められます。


②パソコンスキルを身に付ける
⇒近年ではアセスメントシートや必要書類をパソコンで作成することが多くなっています。そのため基本操作だけでなく、書類作成を一通りこなせる程度のスキルが必要です。


③基本給だけでなく歩合・手当も確認する
⇒介護施設で働く場合、基本給以外にも処遇手当や夜勤手当等の様々な手当があります。

いずれの手当も加算するには規定の要件を満たす必要があり、各事業所によって加算有無が異なります。

そのため手当の数が多い事業所を選べば、その分給料を増やすことができます。


④特定事業所加算が付いている施設を選ぶ
⇒特定事業所加算とは、クオリティの高い介護サービスを提供する事業所に加算される加算手当のことです。

特定事業所加算は全ての事業所に加算される訳ではなく、厚生労働省が定める一定の条件を満たした事業所のみ加算されます。

そのため特定事業所加算が付いている事業所に転職することで、現職よりも給料が上がる可能性が高くなります。


⑤関連資格も勉強して知識を深める
⇒ケアマネージャーは資格を取得する以外にも、外部研修や勉強会への参加を通じて専門知識を深める必要があります。

またケアマネージャーと関連している資格は他にも多くあります。そのため関連のある資格の勉強もしておくことで、知識が広がるだけでなく、自身の市場価値を高くすることができます。


まとめ
ここまでケアマネージャーの概要・仕事内容・資格取得について・転職のポイントについての4つをご紹介しました。

ケアマネージャーは福祉関連の資格の中でも取得難易度が高く、多くの専門知識が必要とされることから、需要が多くあります。

ですが資格を取得することで給料が上がることが多く、業務内容の幅も広がります。

既にケアマネージャーの資格をお持ちの方で「自分に合った職場に転職したい!」という方は、今回ご紹介したポイントを踏まえて転職活動を始めてみると良いでしょう。

ご参考になれば幸いです。

TOPTOP

地域を選択

エリアを選択

こだわり条件

事業種別を選択

給与形態を選択


時給を選択

月給を選択

年収を選択

雇用形態を選択

勤務時間を選択

お気に入りに登録しました

まずは相談してみませんか?

求人を探す

駅を選択

検索結果


選択中の駅