+薬剤師の仕事内容について+

薬剤師とは病気の治療等に使用される薬剤を取り扱う仕事です。ただ薬を調剤するだけでなく医薬品情報の管理や提供・患者への服薬指導等も行うため、業務内容は幅広いです。

また薬剤師は仕事場所によって仕事内容も異なってきます。

そこでこの記事では薬剤師の活躍場所・場所ごとの仕事内容についてご紹介します。

主な活躍場所・仕事内容
ここでは薬剤師の主な活躍場所となる調剤薬局・病院・ドラッグストアでの仕事内容をご紹介します。


◆調剤薬局
調剤薬局での主な業務内容は処方箋調剤・服薬指導・薬品発注/管理が挙げられます。他にも疑義照会も業務の1つです。

処方箋調剤とは処方箋の内容に基づいて薬を調剤すること、服薬指導とは患者へ薬の飲み方・飲み合わせ等を説明すること、薬品発注/管理は医薬品の管理・販売や服薬履歴の管理のことを指します。

業務の1つである疑義照会とは処方箋の内容について医師に照会することです。「この薬を出しているけど、患者さんの服薬履歴を考慮すると違う薬が良いのでは?」や「出された薬と同等の効果がある違う薬に変更したい。」等を担当医師に確認します。


◆病院
病院での主な業務内容は処方箋調剤・服薬指導・薬品発注/管理があり、点滴/注射剤管理・患者の服薬履歴管理・カンファレンスの参加も挙げられます。

点滴/注射剤管理は入院患者への点滴・注射をする際に使用する薬剤の選定を行うこと、患者の服薬履歴管理は言葉の通り入院患者の過去の服薬履歴情報の管理・確認を行います。

必要に応じて医師への服薬履歴情報の提供も行い、他にも勤務先の病院内のカンファレンス・勉強会への参加も業務の1つとして挙げられます。


◆ドラッグストア
ドラッグストアでの主な業務内容は処方箋調剤・服薬指導・薬品発注/管理があり、他にも一般向け医薬品・日用品の販売・品出しも行います。

業務範囲は勤務先のドラッグストアによって異なります。


その他の活躍場所・仕事内容
ここでは調剤薬局・病院・ドラッグストア以外の活躍場所・仕事内容についてご紹介します。


◆製薬会社・化粧品/食品メーカー
企業内薬剤師とは一般企業に所属して新薬開発・薬品情報の提供・品質管理等を行います。新薬開発においては治験データを新薬の安全性の検証を行い、副作用の有無を確認します。

他にも自社の薬品情報の提供、メディカル専門のコールセンター、薬に関する記事を作成するライター等があります。


◆一般企業
一般企業内の診療所で医薬品の管理・調剤・服薬指導を行います。一般向けの病院・調剤薬局・ドラッグストアとは異なり、その企業に所属している社員のみが利用するのが特徴です。


◆物流倉庫
医薬品卸、一般企業の倉庫、物流センターに所属して、在庫/品質管理・倉庫管理業務を行います。病院・調剤薬局・ドラッグストア等と異なり、患者の方に直接対応しないため調剤業務や服薬指導等は行いません。

他にも調剤薬局や病院等からの問い合わせ対応が発生します。


自分に合った場所を選んで働こう
ここまで薬剤師の仕事内容・活躍場所についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。薬剤師の活躍場所は幅広く、業務内容も多岐に渡ります。

薬剤師の資格を活かしてお仕事をされたい方の参考になったら幸いです。

POINT

  • 薬剤師の活躍場所は調剤薬局・病院・ドラッグストアが多い
  • 製薬会社・化粧品/食品メーカーでの研究開発職・一般企業内の診療所・物流倉庫での仕事もある
TOPTOP

地域を選択

エリアを選択

こだわり条件

事業種別を選択

給与形態を選択


時給を選択

月給を選択

年収を選択

雇用形態を選択

勤務時間を選択

お気に入りに登録しました

まずは相談してみませんか?

求人を探す

駅を選択

検索結果


選択中の駅