+看護師のストレスの対処法について+

ここでは看護師のストレスの原因・対処法・職場を変えることについてご紹介します。

ストレスの原因は?
看護師として働いていると大変なことが多く、ストレスも溜まってしまいがちです。ストレスの原因は人それぞれですが、具体例を挙げると以下があります。

①人間関係
②勤務時間が不規則・残業が多い・休日が少ない
③仕事量・勤務時間に対して収入が少ない
④仕事に対する責任が大きい・プレッシャーがある


①人間関係
看護師のストレスの原因の1つ目は人間関係です。人間関係は看護師以外の方でもストレスの原因となりやすいですが、看護師は職場内の人間関係と患者さんとのコミュニケーションで悩むことが多い傾向があります。

特に病院やクリニックの場合は医療行為が発生するため、ミスが許されない環境です。それ故に指導する側・される側どちらも大きなストレスが溜まり、人間関係がギスギスしてしまうことが多いです。


②勤務時間が不規則・残業が多い・休日が少ない
看護師のストレスの原因の2つ目は勤務時間が不規則・残業が多い・休日が少ないことです。特に病院勤務の場合は夜勤・当直勤務がある、業務量が多い、イレギュラーな事態が発生しやすい、勉強会も多い等があり、毎日残業している人も少なくありません。

また休日も殆どの施設・病院がシフト休み且つ休日出勤がある場合もあるため、プライベートの時間が中々取れず悩んでいる人もいます。


③仕事量・勤務時間に対して収入が少ない
看護師のストレスの原因の3つ目は仕事量・勤務時間に対して収入が少ないことです。一般的に看護師は会社員と比較すると年収が高いほうと言われています。

ですが看護師は仕事量や身体的・精神的な負担も多く、それを考慮すると見合っていないと考える人が多いようです。

他にも看護師は他の医療職と比較して昇給しにくい、手当は多いが基本給が低い場合が多いのもストレスの原因の1つです。


④仕事に対する責任が大きい・プレッシャーがある
看護師のストレスの原因の4つ目は仕事に対する責任が大きい・プレッシャーがあることです。看護師は患者さんごとに医療行為を実施するため、それに対する責任が伴います。

医療行為は1歩間違えれば命に関わる場合もあるため、常にプレッシャーがかかってしまいストレスを抱えることが多いようです。


ストレスの対処法
過度なストレスは心身の調子を乱す原因となるため、少しでもストレスを減らすことが大事です。そこでここでは仕事のストレスを解消させる手段をご紹介します。

①ゆっくり休む
疲れが溜まっている際は睡眠を多く取る、お風呂にゆっくり入る等で少しでも疲労感を減らしましょう。

良質な睡眠や入浴は身体・精神面どちらにおいても良い影響を与えます。


②趣味を楽しむ
自分の好きなことをやる・誰かと出かける等でリフレッシュすることも大事です。休日の楽しみが1つあるだけで、ストレス量も減っていきます。


③悩みを相談する
仕事上の悩みを誰かに話すのも手段の1つです。誰かに話すだけでも気分が晴れて、ストレスを減らすことができます。


④病院・カウンセリングを利用する
体調面・精神面の不調が続いている人は病院・カウンセリングを利用してみましょう。診断の結果次第では治療が必要になる場合もあるため、その際は医師の指示に従いましょう。


職場を変えるのも手段の1つ
仕事のストレスを解消させる手段として職場を変えるのも手段の1つです。

人によっては理不尽なハラスメントを受けている、仕事内容が自分の適性と合わない、会社の体制が合わない等でストレスを抱えている人もいると思います。

その際は思い切って転職してみることでストレスが解消できる可能性があります。但し転職すれば絶対にストレスが解消できるとは言い切れません。

そのため転職前にストレスの原因・どんな雰囲気の場所で働きたいかを明確にした上で、転職活動をしましょう。


新しい環境で看護師を始めてみよう
ここまで看護師のストレスの原因・対処法・職場を変えることについてをご紹介しました。

「今の職場でトラブルが絶えず、環境を変えたい」・「自分に合った雰囲気の職場で働きたい」等とお考えの方は、日研メディカルケアの派遣求人がおすすめです。

日研メディカルケアでは1人1人の希望条件をヒアリングした上で最適な求人をご紹介します。サイト右上の「アドバイザーに相談」または、お電話にて連絡して下さい。

TOPTOP

地域を選択

エリアを選択

こだわり条件

事業種別を選択

給与形態を選択


時給を選択

月給を選択

年収を選択

雇用形態を選択

勤務時間を選択

お気に入りに登録しました

まずは相談してみませんか?

求人を探す

駅を選択

検索結果


選択中の駅